アプリ管理、配信が可能なmdm

Posted in 未分類 on 3月 22nd, 2018 by admin

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを企業で導入する場合、スマートデバイスのアプリケーションを利用した業務、ビジネスが行われることが多いです。つまりスマートデバイス端末にはアプリケーションが欠かせません。そこでスマートデバイス端末を一元管理する管理ツールであるmdmでは、スマートデバイス端末全てのアプリケーションを管理者が一元管理して、遠隔からアプリの配信を可能にした効率のよいアプリケーション管理になります。
業務で必要なAppストアや、Inhouseアプリを一元管理することで、企業で利用するスマートデバイス端末に配布、遠隔からのアプリケーション配信を可能にしてくれます。
業務でのアプリケーションの導入やバージョン管理などが便利です。例えば、アプリ配信では、ストアアプリ内のアプリや自社開発のアプリを一括して管理をして、端末にそれぞれ配信する設定が行えます。また管理しているアプリストア内の各アプリごとに通知の設定を適用するアプリ通知設定もあります。参照URL

alapadre.net

Posted in 未分類 on 3月 1st, 2018 by admin

学校でのタブレットなどのスマートデバイス端末の導入は学習力の向上や、学習授業の効率化を図るために、非常に有効です。現在では多くの学校がスマートデバイスの導入をはじめており、国としても2020年までにICT教育を全国的に浸透させたいという考えがあります。
スマートデバイス端末を学校現場で導入する場合、学校現場での自立したタブレット端末運用を目指すことが重要になります。そのためには教育委員会など上の管理者がアプリケーションを一斉配信するのではなく、各学校が現場でのアイデアや必要な事項に応じてアプリケーションを自由にインストールしたり、管理したりする体制がよいと言われています。他の学校には必要なアプリケーションでも、別の学校では必要ではない…ということはよくあります。必要ないアプリケーションが表示されると運用上、煩雑になってしまうため、各学校でのmdm管理ができた方が効率的にタブレットなどのスマートデバイス端末を管理設定できるのです。MDM MoDeM

ビジネスシーンには欠かせないmdm

Posted in 未分類 on 2月 19th, 2018 by admin

ビジネスシーンにおいて、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどのスマートデバイス端末が業務ツールとして大活躍している現在の状況があります。
ビジネスシーンで大量のスマートデバイス端末を導入、管理するにあたり、様々な課題が浮き彫りになりますが、それらのビジネス課題にアプローチできるのがmdmです。
スマートデバイス端末は高機能でありながら、持ち運びもしやすく非常に利便性が高いです。その一方セキュリティ面、端末管理などにはつねに課題がついて回ります。
ビジネスシーンでの運用業務をサポートできるmdmは企業がスマートデバイス端末を導入するにあたっては欠かせない存在となっているのです。スマートデバイス端末を一元管理する時に管理者の管理画面が難しいと管理効率が低下してしまいます。mdm製品の中には多機能でありながら、管理画面を簡素化した操作画面にこだわった製品も数多く登場しています。複雑そうに見えながらも管理操作は簡単なので管理者であれば誰でも簡単に管理が可能です。リモートワイプ

mdmのウェブフィルタリング機能

Posted in 未分類 on 2月 9th, 2018 by admin

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを企業で導入するにあたり、セキュリティ面の管理を徹底することが重要となります。そこでmdmツールを用いてスマートデバイス端末の一元管理を行う必要があるのです。一元管理の機能はいくつもありますが、悪質なウェブサイトなどのフィルタリングができるmdmであれば非常に有効でしょう。業務中、教務中のネットの私的利用を抑制して、外部への情報漏えいリスクを未然に防ぐことができますし、業務効率の低下の抑制にもつながります。
スマートフォンやタブレット端末でwebサイトを閲覧していると、ウイルス感染や不正アクセスなどのウェブ脅威につながる恐れがあります。
そこでwebフィルタリングでは業務や教育に不適切なウェブサイトの閲覧を制限できますし、セキュアブラウザではキャッシュ、履歴をはじめとして重要な情報を端末に残さない設定、管理をすることもできます。そのほか、端末活用を見える化するログレポーティングでは、事前のリスク回避、私的、興味関心を知ることができるでしょう。スマートデバイスの安全管理

mdmができるセキュリティ対策とは

Posted in 未分類 on 10月 28th, 2017 by admin

企業でのスマートフォンやタブレット端末導入は業務の効率を上げるためにも必要不可欠ではありますが、その管理が重要になってきます。
エンドユーザーがスマートデバイスの不正使用をしていれば、業務に支障をきたしてしまう恐れもありますし、スマートデバイス端末に入っている個人情報や企業の機密情報などの大切な情報やプライバシーが漏えいするリスクもあるのです。つまりスマートデバイスを管理者がきちんと管理できるようにしなければなりません。
そこでmdmが必要となってくるのです。Mdmはスマートデバイスを一括管理するツールであり、クラウド型セキュリティインフラとの連携を行っている製品もあります。
トレンドマイクロのレピュテーション技術の1つである、モバイルアプリケーションの安全性や快適さを評価するMobile App Reputation」との連携で、スマートデバイス端末のプライシー漏洩リスクのあるアプリケーションの検出が可能になっています。また偽装アプリストエアやフィッシングサイトなど不正なウェブサイトへのアクセスのブロックもできます。MDM modem

mdm管理配下にあるすべてのデバイスの一斉管理ができる

Posted in 未分類 on 9月 21st, 2017 by admin

mdmを使うメリットとして、スマートデバイスの設定の一斉適応での効率的な管理が可能になるという点があります。一斉適応とはセキュリティポリシーの一斉配布や、スマートデバイスの機能の利用制限の設定配布になります。
Mdm製品を用いることで英数字混在や桁数指定による詳細なパスワード設定が可能になります。またセキュリティ機能のルールに関しても、スマートデバイスに対してリモートで強制することが可能になっています。
さらにプラットフォームがiOSの場合には、カメラやウェブブラウザ、iTunes Store、画面キャプチャ―、アプリケーションのインストールなどの機能の利用制限をすべてのスマートデバイスに一斉適用されることもできるのです。
ただandroidは標準的にWi-Fiの制限のみしかできない場合がありますので注意が必要で。
企業は自分の会社のセキュリティポリシーに則ってスマートデバイスを一台一台設定しなくても、リモートでmdm管理配下にあるすべてのデバイスの設定を一元管理できるようになるのです。
リモートロック・ワイプがMDMの最も大きな存在価値では?

MDMを使用することによって起こるデメリットとは?

Posted in 未分類 on 9月 9th, 2017 by admin

企業や教育機関でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたってMDMは欠かせない機能となっています。スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを業務利用するにあたって、安全に管理するためにMDMシステムを導入する企業がほとんどですが、MDM導入はメリットばかりではなく、デメリットも存在することを覚えておきたいです。
まずMDMを導入するにあたってデメリットとなる点として、利便性が低下してしまい、無許可のBYODが横行してしまうということがあります。MDMシステムでは管理するモバイルデバイス端末の使用機能を制限することができます。使用機能の制限は情報セキュリティ上の安全性向上にもつながるのですが、機能制限によってモバイルデバイス端末の利便性が低下してしまうこともあるのです。情報セキュリティを重視するばかりで、業務で必要なソフトウェアの使用が制限されてしまう可能性も出てきてしまうのです。
mdm教育機関の導入事例

タブレットの導入で授業が変わる?!

Posted in 未分類 on 8月 27th, 2017 by admin

教育現場では年々ITC化が推進されています。その結果、授業でipadやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を導入して、情報教育を進めていく学校は非常に多いです。
特にipadなどのタブレット端末を活用することで従来の紙での授業とは異なり、従来の教科書では利用することができない3Dデジタル教材や学校アプリケーションを授業で活用することができます。3Dデジタル教材や学校アプリケーションを授業で用いることで、生徒は従来の授業と比べて視覚的に学習することができますし、直感的な意見を出すこともできるでしょう。また生徒たちⅠ人1人に1台のタブレット端末を渡して学習を進めることによって主体的に課題を取り組むことができますし、協働して教え合いながら勉強をすることもできるでしょう。教育現場でのタブレット端末は学習効率を高めるという大きなメリットがありますが、適切な管理をするためにはmdmを利用するなどの対策が必要となってきます。Mdmはタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理できるサービスのことです。
iOSのmdmの機能はこちら

節穴では困る

Posted in 未分類 on 8月 17th, 2017 by admin

業務用端末の導入に際しMDMサービスを有効に活用するには、端末の状況管理にも気を配る必要がある。基本的には紛失や盗難の対策としての機能に特化した保険という見方もできる物だが、そういった案件を「報告されるまで放置する」というのが最も危険であるとも言え、この対応の遅れは管理者にとっても悩みの種である。スグに報告してくれれば手の打ちようもあるが、数日放置されればスマホのバッテリーなど既に切れている。とは言え、それは一概に報告しない者が悪いとは言えない。MDMサービスの多くでは端末状況の「ログ」を常にやり取りしている物も多く、使用状況や位置情報も確認が可能なのだから、勤務時間中に社外で何時間も動いていないとか、環状線を延々とスマホが回っているとなれば「安否確認」すべき状況である。サービスによってはそのような「不穏な動き」を察知して管理者にメールでアラートを発する物もある。折角の有用な情報を有効活用できないのはコストの無駄遣いとも言える。何事にも言える事だが、システムや性能は知り尽くした上で使い倒してナンボである。リモートロックなどセキュリティ機能

在庫管理とスマートフォン

Posted in 未分類 on 8月 8th, 2017 by admin

スマホは高性能で多機能、様々な機能を内包し、業務でも活躍の場を広げているが、その多機能さゆえに業務上は無駄な機能と見なされる物も多い。特にカメラの使用は場合によっては危険も伴う為、一般的なMDMサービスにおいては機能制限の対象となる事が多い。一方でこのカメラが無ければ困る運用方法も存在する。例えば在庫管理や発注の際に使用するハンドスキャナー、ハンドターミナルと呼ばれる専用の機器の代わりをスマホで行う場合などはバーコードを読み取るためにカメラは必須となる。スマホの登場はカーナビや電子辞書、デジタルカメラのシェアを大きく削り取る事にもなったが、それは一台で全てを賄えるからだ。そういう意味でも業務に用いる様々な専用の機器が、アプリ1つのインストールによってスマホ1台に集約できるならコストの削減にも大きく寄与する事になるだろう。またMDMサービスやクラウドの活用でデータの統合管理や共有も迅速に行える。もちろん相応にヘビーな環境であれば専門の機械の方が効率的である事は多いが、比較的ライトな環境であれば汎用ツールとしてのスマホは活躍の場が今後も増え続けるだろう。MDMのリモートロックとワイプについての基本機能