節穴では困る

Posted in 未分類 on 8月 17th, 2017 by admin

業務用端末の導入に際しMDMサービスを有効に活用するには、端末の状況管理にも気を配る必要がある。基本的には紛失や盗難の対策としての機能に特化した保険という見方もできる物だが、そういった案件を「報告されるまで放置する」というのが最も危険であるとも言え、この対応の遅れは管理者にとっても悩みの種である。スグに報告してくれれば手の打ちようもあるが、数日放置されればスマホのバッテリーなど既に切れている。とは言え、それは一概に報告しない者が悪いとは言えない。MDMサービスの多くでは端末状況の「ログ」を常にやり取りしている物も多く、使用状況や位置情報も確認が可能なのだから、勤務時間中に社外で何時間も動いていないとか、環状線を延々とスマホが回っているとなれば「安否確認」すべき状況である。サービスによってはそのような「不穏な動き」を察知して管理者にメールでアラートを発する物もある。折角の有用な情報を有効活用できないのはコストの無駄遣いとも言える。何事にも言える事だが、システムや性能は知り尽くした上で使い倒してナンボである。リモートロックなどセキュリティ機能

在庫管理とスマートフォン

Posted in 未分類 on 8月 8th, 2017 by admin

スマホは高性能で多機能、様々な機能を内包し、業務でも活躍の場を広げているが、その多機能さゆえに業務上は無駄な機能と見なされる物も多い。特にカメラの使用は場合によっては危険も伴う為、一般的なMDMサービスにおいては機能制限の対象となる事が多い。一方でこのカメラが無ければ困る運用方法も存在する。例えば在庫管理や発注の際に使用するハンドスキャナー、ハンドターミナルと呼ばれる専用の機器の代わりをスマホで行う場合などはバーコードを読み取るためにカメラは必須となる。スマホの登場はカーナビや電子辞書、デジタルカメラのシェアを大きく削り取る事にもなったが、それは一台で全てを賄えるからだ。そういう意味でも業務に用いる様々な専用の機器が、アプリ1つのインストールによってスマホ1台に集約できるならコストの削減にも大きく寄与する事になるだろう。またMDMサービスやクラウドの活用でデータの統合管理や共有も迅速に行える。もちろん相応にヘビーな環境であれば専門の機械の方が効率的である事は多いが、比較的ライトな環境であれば汎用ツールとしてのスマホは活躍の場が今後も増え続けるだろう。MDMのリモートロックとワイプについての基本機能

業務に必要な操作を管理できるmdm機能

Posted in 未分類 on 7月 30th, 2017 by admin

Mdm機能を利用するとモバイルデバイスを一元管理することができ、企業で取り扱う機密情報の漏洩を防いだり、不正使用を予防したりすることができます。例えば業務専用のアプリケーションだけを表示させてその他の操作をすべて禁止して管理するmdm機能もあります。このような機能を使えば業務に必要な操作以外をスマートフォンやタブレット端末では行うことができなくなるので、不正使用をすることはできません。単一業務だけで活用されるモバイルデバイスには最適な設定と言えるでしょう。またmdm機能では高度なモバイルデバイス管理でセキュリティ強化をすることができます。MdmサービスによってはGoogleの仕様に則って、機能制限やmdm管理の徹底を行うことができ、OSレベルの高度なモバイルデバイス管理を確実に実行させるmdm環境を維持できるでしょう。
またアプリの強制インストロール、削除、企業専用のアプリケーションのポータルを利用できるように管理しておけば、管理者の手間を大幅にカットすることにもつながります。

mdmの緊急対策とは?

Posted in 未分類 on 7月 21st, 2017 by admin

“mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを管理するサービスになります。いくつもの機能のあるmdmですが、今回は盗難・紛失時の緊急対策におけるmdmの機能について考えてみましょう。
Mdmにはリモートロック、リモートワイプと呼ばれる機能があります。
この機能はスマホやタブレットなどのスマートデバイスを紛失したり、盗難されたりしたときに、遠隔から端末ロックや端末初期化(リモートワイプ)、パスワードの変更などの緊急対策を行うことができるという機能です。
端末内に保存されている住所や電話番号などの個人情報や業務にかかわるすべてのデータの情報漏洩を未然に防ぐことにもつながるのです。またワイプの実行結果なども遠隔操作によって確認することが可能です。
Windows8など最新のタブレットにも対応可能であり、リモートによるフォルダの削除なども行うことができます。
その他、位置情報の取得もmdmの機能の1つです。位置情報を収集することでコンソールから地図で確認することが可能です。紛失してしまった端末やROOT化された端末の位置情報を収集することで端末回収をサポートすることができます。
MDM基本機能であるリモート機能まとめ

グループ単位での遠隔管理、操作も可能なmdm管理

Posted in 未分類 on 7月 11th, 2017 by admin

Mdm管理の中にはアプリのインストールを遠隔操作で行えるのはもちろんですが、グループ単位での遠隔操作をすることも可能なので、学校など教育機関でタブレットなどのモバイルデバイスを利用している場合、クラス替えなどで不要になってしまったアプリの削除というのもグループ単位で行うことができるので非常に便利です。
またApple社では企業や教育機関に向けて提供しているプログラムがあります。このプログラムをVPPといい、このVPPに対応したiOS向けのアプリの管理や配布機能などもmdm管理に搭載されています。そのほか、マクロソフトのWindows8.1に対応しているOpenMDMを搭載しているmdmサービスもあります。教育現場によって利用するアプリも異なりますので、その環境に合わせた機能が充実しているので非常に使いやすいでしょう。このmdm管理を利用することによって、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを導入することによって起こる教師の負担を軽減することができ、授業を効率よく進めることができるでしょう。
mdm

端末情報のバックアップ

Posted in 未分類 on 7月 2nd, 2017 by admin

mdmの管轄下に置かれた形態端末は管理者の権限をもって紛失、盗難時には機器を「初期化」するという権限を持つ。これはあくまで「情報漏洩」という最悪のシナリオを回避する為の最後の手段であり、自爆スイッチにも近いものだ。その一方で端末ごと貴重なデータを葬り去るのも会社にとっては大きな痛手だ。そんな事にならないように、万全の体制を整えるのもmdm管理における重要な要素の一つで、端末情報のバックアップも備えとしては必須となる部分だ。端末の変えはいくらでも用意できるが、中の情報と失った信頼の回復は難しい。しかし、mdmの管理下で定期的に同期、バックアップという体制が整っていれば、紛失という最悪の事態に対しても、端末一台分の損失に抑えられるが、あくまでそれは「紛失」してから、紛失に気付くまでの時間にもよる。無くした事にすら気付いていない時間が魔の時間となる部分だ。この辺りも、管理者がしっかりと目を光らせていれば、申告される前にも発見する事が可能となる。位置情報と業務スケジュールを参照すれば、長時間動いてない端末は怪しくなってくる。電話をかけて出ないようなら速やかにロックすべきであろう。mdm情報なら

Mdm管理者の悩み

Posted in 未分類 on 6月 23rd, 2017 by admin

みなさまこんにちは。本日はmdm管理者としての悩みをお伝えします。
Mdmを管理していて思うことは、ユーザーは管理されている、監視されているという発想が非常に強いということです。なぜなら、多くの人がmdmを解除しようと試みるからです。僕から言わせればそういうことするコアラ監視されるのにな、と思います。
ただ、普通に配布されている人にとってはmdmで管理されているというのは嫌なのはわかります。私のような管理者だと僕自身のデバイスは私しか情報確認できないため、あまり気にしませんが。。。
また、mdmは業務の一部でしかないので、色々と操作しづらいと困っていたなと思います。Mdmは管理することが目的です。でもそれだけが管理者の仕事ではないのでつかいやすいmdmを選べて良かったと思います。
ただ、先ほども言ったmdmアプリをユーザーが消そうとするようなことはしないでもらいたいなーともいますね。
こっちも消そうとした人に連絡するの大変なので!mdm

スマホ時代になっての変化

Posted in 未分類 on 6月 13th, 2017 by admin

みなさまこんにちは。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスが急速に普及していますね。 皆さんご存知とは思いますが、ついこないだまではガラケーといったパカパカしてて電話とメールくらいしか使い道がありませんでしたよね!それが今では、いろんな情報を調べたりyoutubeで動画を見たりと携帯電話の使い方が大きく変わりました。今のは、消費者の利用方法ですが、ビジネスの現場では、メモを取ることやスケジュール管理を手帳からスマホのカレンダーに変えたりと様々な場面で変化が起こっています。 私も会社から普及された携帯電話(スマホ)を使っているのですがだいぶ仕事で使っています。 ただ、mdmというツールがスマホに入っているので、下手に遊ぶ用途では使えません。また、自分のいる位置もmdmの位置情報サービスで把握されてしまうので、どうにも管理されている感じがいやですけどね!聞いた話では、外回りをしている時にパチンコで遊んでいたのが位置情報からバレてしまって怒られたーなんてのもあります。MDM modem

そっか、こちらも営業を

Posted in 未分類 on 6月 8th, 2017 by admin

名刺の管理サービスで有名なSansanの社員さんが、あるメディアでインタビューを受けている記事を読みました。その記事を読んで「そっか~、Sansanの人だって営業しなきゃいけないのよね^^」と、気づきました。

テレビのコマーシャルはとてもインパクトの強いものですが、まだまだ実社会では広まっていない地域も多いんだそうです。Sansanのサービス、そして名刺管理サービスというものが。そのため、Sansanの事も知ってもらうために、日々営業をしているそうです^^

SFAといった営業支援ツールを考えるとき、この名刺管理サービスの機能なども一緒に考慮に入れると思うのですが、これらのサービスを提供する側もまた営業をしているんですよね。・・なんかややこしくなりましたが^^なので、思ったのです。「やっぱり、提供している会社でもSFAや名刺管理サービスを活用しているんだろうな」って。そしてさらに、「どれくらい自社のサービスを利用して顧客を増やすことができたのか。できればその事例も挙げておくと参考になるのでは?」と思ったんですが・・。どうでしょうね^^

至れり尽くせりの?

Posted in 未分類 on 5月 28th, 2017 by admin

SFAと一口に言っても本当にさまざまな機能が開発されているんですね。今日注目したいのはその中でもルート営業に役立つ地図データとの連携です。

SFAには自分がアポイントを取った会社、あるいはこれからアポイントを取りたい会社と、いくつかのステップに分けた会社の情報を蓄積することができますが、これらの会社情報を地図の上で確認することができるようになったんですね。それに、もし商談中の会社であれば、顧客情報とともに商談履歴まで表示することも可能だとか。そうなると、会社に行ってSFAの画面を見ればどのように回ればその日一日を効率的に過ごせるのか、一目瞭然というわけです。営業マンの中にも計画性に乏しかったり、先を見越した行動が苦手な人も多いですよね。そんな人たちには本当に役立つツールになることでしょう。

さらに、設定を事前にしておくことで、ある一定の期間以上訪問をしていない会社があれば、それも一目で分かるような機能もあるとのこと。至れり尽くせりの機能だと思いません?^^