App DEPによる作業短縮化

Apple DEPではこのサービスを利用する前に、事前準備としてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の情報を登録して、mdmサービスとの連携を設定しておく必要があります。
管理者はmdmサーバーとDEP両方にアクセスをして、自動でDEPを参照して、mdmサーバーへの接続を自動で行います。さらにmdmに登録をして、自動で監視対象に設定することもできますし、構成プロファイルを自動適用することも可能です。
またアクティベーション(利用開始設定)を完了した後には、自動ステップを開始して、mdmサービス登録の強制や、高度な管理、運用機能の利用などを行います。モバイルデバイス端末を導入する場合、現在では管理ポリシーやアプリの、設計、デバイスのアクティベーション実施、デバイス設定・制限やアプリコンテンツを適用するなど様々な作業が必要になります。しかしApple DEPを利用すれば、管理ポリシーやアプリの設計とデバイスの配布を行い、デバイスのアクティベーションを実施すればそのまま利用をスタートさせることができるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>