byodの課題とメリット

byodは個人が所有するパソコン、スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することです。byodはメリットはもちろんたくさんありますが、課題点、デメリットもあることも承知しておくことが重要です。
メリット面としては、コスト削減があります。パソコンを会社支給した場合、新しく社員が増えるたびに新しいパソコンを購入しなければなりません。どんどん社員が増えている段階の成長期の企業にとっては、パソコンやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末購入費用の負担は非常に大きくなってしまいます。
しかしbyodを導入していれば、初期導入時にモバイルデバイス端末を購入する必要がありません。これは大きなコスト削減につながるでしょう。
またbyodを導入することで、在宅勤務、サテライトオフィス勤務など様々な働き方に柔軟に対応できます。特に在宅勤務の場合はbyodが前庭であれば容易に可能になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>