リモートワイプで必ずセキュリティ対策ができるわけではない

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理する際に必要となってくるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末の管理ソリューションであり、大量のモバイルデバイス端末を導入、管理する上では必要不可欠なツールとなるでしょう。
mdmには様々な機能がありますが、その中でも基本的な機能の1つがリモートワイプです。
リモートワイプはモバイルデバイス端末のセキュリティ強化には欠かせない管理機能になります。リモートワイプは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を初期化することができます。
このリモートワイプによってモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時も、情報漏えいのリスクを未然に防ぐことができるのです。
しかし実際にはリモートワイプの成功率は、7%程度であるというデータもあるのです。
それほどリモートワイプには様々な問題点があり、リモートワイプがあるから絶対にセキュリティは大丈夫と安心してはいけないのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>