bring your own deviceの従業員側、会社側のメリット

bring your own deviceとはbyodのことであり、業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時に、私物で使用しているモバイルデバイス端末を利用することを言います。
bring your own deviceを導入することで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のキッティングや問い合わせサポートの手間もかからないので、非常に便利です。
また従業員側のメリットとしては、使い慣れたモバイルデバイス端末で仕事をすることで効率アップにつながります。毎日使用しているデバイス端末であれば、使い方が分からない…といった問題点もありません。いつでもどこでも必要な情報を自由に取り出したり、入力したりできたりするbring your own deviceは非常に有効な方法と言えるでしょう。
日本でも多くのビジネスマンがbring your own deviceをはじめており、プライベート用のスマートフォンにビジネス上の情報が入っているという人は70%にも及ぶと言われています。
byodを導入するのであればしっかりと管理しなければリスクも伴います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>