利用制限などの機能比較ができるmdm

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務で利用することで業務効率が格段にアップしますし、消費者側からしてもタブレットなどを利用した分かりやすいプレゼンテーションをしてもらえます。今後さらにモバイルデバイス端末の導入は進んでいきますが、その際に気を付けておきたいのがmdmです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理するツールであり、セキュリティ対策や資産管理などを行ってくれます。
mdmの製品によって機能にも違いがあり、比較しなければ違いに気づかない場合も多いでしょう。
一般的な機能としては、使用できる機能を制限することです。使える機能を制限することで、業務の妨げになるものは全て排除していきます。
端末に業務とは関係ないアプリあどが入っていると、業務効率は極端に低下してしまいます。そこでmdm端末でモバイルデバイス端末自体の管理をして、利用制限をかけてもらえば業務専用のモバイルデバイス端末として利用制限がかけられます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>