利用制限などの機能比較ができるmdm

Posted in 未分類 on 8月 24th, 2018 by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務で利用することで業務効率が格段にアップしますし、消費者側からしてもタブレットなどを利用した分かりやすいプレゼンテーションをしてもらえます。今後さらにモバイルデバイス端末の導入は進んでいきますが、その際に気を付けておきたいのがmdmです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理するツールであり、セキュリティ対策や資産管理などを行ってくれます。
mdmの製品によって機能にも違いがあり、比較しなければ違いに気づかない場合も多いでしょう。
一般的な機能としては、使用できる機能を制限することです。使える機能を制限することで、業務の妨げになるものは全て排除していきます。
端末に業務とは関係ないアプリあどが入っていると、業務効率は極端に低下してしまいます。そこでmdm端末でモバイルデバイス端末自体の管理をして、利用制限をかけてもらえば業務専用のモバイルデバイス端末として利用制限がかけられます。

安全対策だけではなく、業務対策にも欠かせないmdmとは?

Posted in 未分類 on 8月 13th, 2018 by admin

mdmと聞くと、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを安全に利用するための管理ツールというイメージが強いでしょう。
しかし近年では様々なモバイルデバイス端末を管理するmdmツールが登場しており、守り型のmdmだけではなく、攻め型のmdmツールも登場しており、その機能は非常に豊富です。
mdm製品の中にはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するだけではなく、業務で使いこなすためのオールインワンmdmも登場しています。
管理が複雑でセキュリティリスクが多いと敬遠しがちなモバイルデバイス端末でも、攻め型のmdmを活用すれば安全対策、業務効率アップ対策にぴったりです。
煩雑な初期設定を用意にしてくれるmdmは管理負担やリスクも低減できるので、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を簡単に一括管理できるでしょう。またmdmはマルチデバイスに対応しているのでandroid、iPhoneどちらの端末でも柔軟に対応可能です。

安心、安全、効率的なタブレットに欠かせないmdm

Posted in 未分類 on 8月 2nd, 2018 by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するのは企業に限った話ではありません。近年、小学校や中学校など義務教育現場においてもタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んでいます。国としては2020年までに1人に1台のタブレットを導入できるように教育のICT化が進められています。
教育現場でタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、けた違いの大量のデバイス端末を導入しなければなりません。例えば1000人の生徒がいる学校であれば1000台のタブレット端末が必要になるのです。
タブレットを大量に一括導入する時に大変になるのが、それらのモバイルデバイス端末の管理です。特に導入時には初期設定もしなければならないので非常に大変です。
そこでタブレット端末を円滑に効率よく管理するために欠かせないのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールであり、大量のモバイルデバイス端末もスムーズに管理することができます。
安心、安全、効率的なタブレット運用にmdmは欠かせません。