byod導入事例が日本で少ない理由とは?

海外ではbyodの導入事例が非常に多く、約7割の企業でbyodを活用しているという現状があります。一方日本国内においては海外に比べてbyod導入事例が圧倒的に少なく、いまだにbyod導入が進んでいない企業も数多くあるのです。
これは日本国内ではセキュリティに関する考え方が非常に保守的になっているため、活用は一部の企業に限定されてしまっているのです。
byodに対する方針を明確にし、規定をきちんと策定すれば、企業データが脅威にさらされることはなく、安全にモバイルデバイス端末を導入することはあk濃です。
逆になし葛指摘な私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち込みやリスク認識のない放置に関してはリスクが高くなるため危険です。
byodを導入する場合には、きちんとした管理を行うことが重要になるでしょう。byodの禁止や許可を正式に明らかにしていない企業においては、私物のモバイルデバイス端末が不正に業務で使われている可能性が高くなってしまいます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>