mdm導入による課題解決

Posted in 未分類 on 7月 22nd, 2018 by admin

mdm市場が拡大してきた背景にはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及率が高まったことがあります。また企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、導入に際して課題があります。
まずセキュリティポリシーの適応という問題があります。自動ロックの時間、パスワードポリシー、特定アプリケーションの禁止、カメラの禁止など社内ポリシーが変更された場合には、導入後のデバイスへの適応はどうなるのか?管理者が回収して再設定するのか?などの課題が浮かび上がってきます。
また資産管理に関しても課題があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入後に変化するフォームウェアバージョン、ディスク空き容量、セキュリティポリシーの設定状況などのデバイスの状況が把握できないなどの問題点を全て解決してくれるがmdmになります。
mdmは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンをネット経由で管理できるサービスになります。

byod導入事例が日本で少ない理由とは?

Posted in 未分類 on 7月 12th, 2018 by admin

海外ではbyodの導入事例が非常に多く、約7割の企業でbyodを活用しているという現状があります。一方日本国内においては海外に比べてbyod導入事例が圧倒的に少なく、いまだにbyod導入が進んでいない企業も数多くあるのです。
これは日本国内ではセキュリティに関する考え方が非常に保守的になっているため、活用は一部の企業に限定されてしまっているのです。
byodに対する方針を明確にし、規定をきちんと策定すれば、企業データが脅威にさらされることはなく、安全にモバイルデバイス端末を導入することはあk濃です。
逆になし葛指摘な私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち込みやリスク認識のない放置に関してはリスクが高くなるため危険です。
byodを導入する場合には、きちんとした管理を行うことが重要になるでしょう。byodの禁止や許可を正式に明らかにしていない企業においては、私物のモバイルデバイス端末が不正に業務で使われている可能性が高くなってしまいます。