運用中のメリットが大きいApple DEPとは?

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業や学校などで大量導入する場合、それらの大量のスマートデバイス端末のセキュリティ設定、アプリの配信などの設定などに時間がかかってしまい、管理者の負担は増すばかりです。そこで管理者の運用の手間を解決する方法としてApple DEPが1つの手段となります。Apple DEPを使うことでスマートデバイス端末側での設定を一切行うことなく、スマートデバイス端末のユーザーが端末の電源をオンにするだけで、全ての設定を終わらせることができるような運用が可能になるのです。
ただApple DEPを利用するにあたり、Apple DEPの契約を事前に行う必要はあります。
また管理者がmdmとApple DEPのつなぎ込を設定する作業も出てくるため、管理者側の操作が一部増えてしまう…という懸念材料もあります。とはいえ、管理者のへの負担は非常に軽くなり、運用上のメリットが多数存在するApple DEPは今後さらに普及されると考えられています。Apple Device Enrollment Programについて

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>