スマートフォンのセキュリティ対策にはmdmが欠かせない

Posted in 未分類 on 4月 22nd, 2018 by admin

企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入例は増えてきています。
今後さらにその数は増えていくと言われています。
モバイルデバイス端末を導入した企業の多く、モバイルデバイス端末を円滑に管理するためにmdmと呼ばれるモバイルデバイス端末管理システムツールも同時に導入します。
このmdmの導入は、スマートフォンやタブレットなどのセキュリティを高めるために欠かせません。
mdmが求められる機能にはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の遠隔での操作制御、利用情報収集、設定管理などになります。
これらの機能は全てスマートフォンを安全に使用するためのセキュリティ対策になるでしょう。
遠隔での操作制御というのはモバイルデバイス端末を紛失した時に、モバイルデバイス端末内のデータの一部や全部を削除するワイプ機能、デバイスを一時的に使用できなくするロック機能のことをいいます。参照URL

android端末管理にはマルチデバイスmdmを利用しよう

Posted in 未分類 on 4月 11th, 2018 by admin

企業で導入するモバイルデバイス端末はiPhoneやiPadが主流となっており、
デバイスはiOSに対応しているものが多いです。
企業で大量のモバイルデバイス端末を管理する時にはmdmを導入しますが、
iOSに対応しているmdmを選ばれる企業が多いです。
しかしデバイスはiOSだけではありません。
ここ最近ではandroidやWindowsなどのモバイルデバイス端末を導入する企業も増えており、一括管理するmdmソリューションもiOSだけではなく、androidやWindowsに対応したものを選ぶ必要があるのです。
androidの端末管理もiPhoneの端末管理と基本的には同じです。
人気のmdmツールではandroid、iPhoneなどのマルチデバイスに対応しているものが多いです。様々なデバイスを一括管理することができれば、初期設定や追加の設定、アプリケーションやアプリの配信などもスムーズに行うことができるでしょう。詳しくはこちら

運用中のメリットが大きいApple DEPとは?

Posted in 未分類 on 4月 1st, 2018 by admin

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を企業や学校などで大量導入する場合、それらの大量のスマートデバイス端末のセキュリティ設定、アプリの配信などの設定などに時間がかかってしまい、管理者の負担は増すばかりです。そこで管理者の運用の手間を解決する方法としてApple DEPが1つの手段となります。Apple DEPを使うことでスマートデバイス端末側での設定を一切行うことなく、スマートデバイス端末のユーザーが端末の電源をオンにするだけで、全ての設定を終わらせることができるような運用が可能になるのです。
ただApple DEPを利用するにあたり、Apple DEPの契約を事前に行う必要はあります。
また管理者がmdmとApple DEPのつなぎ込を設定する作業も出てくるため、管理者側の操作が一部増えてしまう…という懸念材料もあります。とはいえ、管理者のへの負担は非常に軽くなり、運用上のメリットが多数存在するApple DEPは今後さらに普及されると考えられています。Apple Device Enrollment Programについて