mdmのウェブフィルタリング機能

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを企業で導入するにあたり、セキュリティ面の管理を徹底することが重要となります。そこでmdmツールを用いてスマートデバイス端末の一元管理を行う必要があるのです。一元管理の機能はいくつもありますが、悪質なウェブサイトなどのフィルタリングができるmdmであれば非常に有効でしょう。業務中、教務中のネットの私的利用を抑制して、外部への情報漏えいリスクを未然に防ぐことができますし、業務効率の低下の抑制にもつながります。
スマートフォンやタブレット端末でwebサイトを閲覧していると、ウイルス感染や不正アクセスなどのウェブ脅威につながる恐れがあります。
そこでwebフィルタリングでは業務や教育に不適切なウェブサイトの閲覧を制限できますし、セキュアブラウザではキャッシュ、履歴をはじめとして重要な情報を端末に残さない設定、管理をすることもできます。そのほか、端末活用を見える化するログレポーティングでは、事前のリスク回避、私的、興味関心を知ることができるでしょう。スマートデバイスの安全管理

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>