MDMを使用することによって起こるデメリットとは?

企業や教育機関でスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入するにあたってMDMは欠かせない機能となっています。スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを業務利用するにあたって、安全に管理するためにMDMシステムを導入する企業がほとんどですが、MDM導入はメリットばかりではなく、デメリットも存在することを覚えておきたいです。
まずMDMを導入するにあたってデメリットとなる点として、利便性が低下してしまい、無許可のBYODが横行してしまうということがあります。MDMシステムでは管理するモバイルデバイス端末の使用機能を制限することができます。使用機能の制限は情報セキュリティ上の安全性向上にもつながるのですが、機能制限によってモバイルデバイス端末の利便性が低下してしまうこともあるのです。情報セキュリティを重視するばかりで、業務で必要なソフトウェアの使用が制限されてしまう可能性も出てきてしまうのです。
mdm教育機関の導入事例

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>