タブレットの導入で授業が変わる?!

教育現場では年々ITC化が推進されています。その結果、授業でipadやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末を導入して、情報教育を進めていく学校は非常に多いです。
特にipadなどのタブレット端末を活用することで従来の紙での授業とは異なり、従来の教科書では利用することができない3Dデジタル教材や学校アプリケーションを授業で活用することができます。3Dデジタル教材や学校アプリケーションを授業で用いることで、生徒は従来の授業と比べて視覚的に学習することができますし、直感的な意見を出すこともできるでしょう。また生徒たちⅠ人1人に1台のタブレット端末を渡して学習を進めることによって主体的に課題を取り組むことができますし、協働して教え合いながら勉強をすることもできるでしょう。教育現場でのタブレット端末は学習効率を高めるという大きなメリットがありますが、適切な管理をするためにはmdmを利用するなどの対策が必要となってきます。Mdmはタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理できるサービスのことです。
iOSのmdmの機能はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>