見込み客はいるけれど

顧客情報はしっかりと入力していて、それなりの情報はたくさん所有している。見込み客もたくさんいるけど、実際どうやってこの顧客を新規顧客獲得につなげられるのかわからない・・。このような声って比較的多くあるんですね。

見込み客がいる、という時点でCRMを導入すると何をやるべきかが見つけられるんです。最初の一歩はメールです。CRMによって業種、地域など区分をはっきりと行い、それぞれに合ったメールの内容を配信します。これまでのメールって、顧客に合わせた内容ではなくて、一方的に自社が宣伝しいたいことをとにかく載せてものばかりでした。しかしCRMを使えば特定の条件で顧客を絞り込みでき、その条件に沿った内容のメールを配信できるんですね。なので、顧客もメールの内容に興味を持ちやすく、効果的、無駄なくアプローチができるようになるんです。

せっかく見込み客がいるのであれば、客の潜在的なニーズに踏み込めるCRMを使いこなすことが、新規顧客獲得への最短距離となるかもしれません。

営業支援システムSFA KnowledgeSuite

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>