常に新しい情報に更新

展示会やセミナーを開いて名刺を数多く獲得。また、社内に散在している名刺も一緒に見込み顧客の情報としてSFAを活用してデータ化。これらをもとにマーケティングをするわけですが、ここで一つ行っておきたいことがあるんです。それがデータの見直し。

データの見直しとは、入力されたデータが間違っているかどうかではありません。顧客情報として入力されている人物が今もその部署にいるのか、そもそもその企業にまだ在職しているのか、部署が変更しているため同じ人物が別々に登録されていないか、これらの見直しなんですね。退職している人や部署が変わっている人に、メールを送り続けたり、アプローチしようとしても連絡が取れるわけがありませんからね。。

SFAがどんなに優れていても、自動で修正してくれるわけでもありません。ではどのようにしてデータを見直すのか。それは、営業マンに確認作業をしてもらうこと。これに尽きます。実際に名刺をもらった相手と直接会っているので、営業マンが閲覧し、常に新しい情報に更新していく体制を整えることが大切なんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>