客のためにもなっています

Posted in 未分類 on 11月 15th, 2016 by admin

営業支援システムのSFAを活用することは、営業活動を透明化したり商談を効率的に進めるなど、会社の利益が上がるための導入、というイメージが強いのですが、実はお客様のためにもなっていることがあるんです。

それは、客が言葉では発していないけれど潜在的に欲しいと思っているニーズを引き出せること。多くの営業情報や毎日入力する営業日報。入力するだけでも大変な労力ですが、これらを透明化して営業部、あるいは社内全体で共有することで、潜在的ニーズの掘り起こしも可能と言われているんです。客は商談の際に、その製品やサービスについてのニーズは語るでしょう。しかし、他に必要なものを営業担当者に語ることは少ないし、具体的にどのようなものが欲しいのかもハッキリしていないことも。

これらを情報として蓄積しておくことで、数週間後、数か月後に新製品の開発を行う時などに役立てられることも多くあるんですね。結果的にそれは客の欲する製品、あるいはサービスへとなるわけです。

営業支援システム SFA

できるビジネスマンがスマホに入れているアプリ

Posted in 未分類 on 11月 6th, 2016 by admin

できるビジネスマンがスマホに入れているアプリってどんなものがあるのでしょうか。iPhone版だけですが、調べてみました。まずはグループ分けがとても簡単にできる『連絡先+』(100円)。ドラッグ&ドロップの直感的な操作だけでグループ分けができるそうです。また自分で設定したグループメンバーへ一斉送信ができるという便利機能もあり。とりかく使いやすいことがウリだそうです。画像に直接、文字やイラストを書き込める『Skitch』(無料)というアプリもビジネスマンに人気だそう。視覚的に相手へ情報を伝えることが可能なので、言葉で上手く説明できない時などに使えますね。Evernoteとの連携も可能です。散在するパスワードを一括管理できる『Passwords Lite』も良さそうですよ。今はパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどの多種多様なデバイスがあり、いちいちパスワードを覚えてられませんよね。エクセルで管理している方もいますが、情報漏洩の観点から見るとそれはオススメではありません。これなら簡単&シンプルにアカウントとパスワードを管理できてしまいます。移動時間や待ち時間にこのようなアプリを活用して、積極的に仕事をこなしていきたいものですね。

効果やメリットを提供することができるのか

Posted in 未分類 on 11月 3rd, 2016 by admin

営業先の企業にどのような効果やメリットを提供できるのか、多くの営業マンはこれを把握する必要があります。営業マンは商談のために取引先の社員と話しをしますよねが、その際に営業マンは自社の製品の提案、見積もり、商談の完結、というようにきちんとした営業プロセスを踏むことになります。

自社の製品やサービスがどれだけ優れているのか。また価格はどれくらいなのか。そして是非ご検討を!と言って終わるわけです。

このようなプロセスはマニュアル化されているとことも多く、営業マンはこれを当たり前として商談に入りますが、ここに欠けているのがタイトルに挙げたことなんですね。

同じ業種、サービスを行う会社から、取引先は一番効果が上がり、メリットがある会社を選ぶはずです。ということは、取引先でどのような課題があり、それをどのようにしたら解決できるのか、利益が上がるのか、これらを営業マンは読み、営業に活かすことが重要なんですね。プロセスを踏む行為だけでは、取引先は自社を選んでくれないということです。

営業支援システム SFA