モバイルデバイスの現状と管理

スマートフォンなどのモバイルデバイスを業務で一度使うと、その利便性の高さからもう手放せなくなります。出先で情報が欲しいと思った時にすぐ閲覧できたり、その場で承認を取ったりできますから、ビジネスマンの機動性を高めることができますよね。しかし、明確なセキュリティポリシーや利用ルールを決めずに業務用端末を従業員に貸与するとどうなるでしょうか?ALSIが実施した『組織でのインターネット利用実態調査』をご存知でしょうか。その調査結果によると、約7割の従業員回答者は業務とは関係のないサイトを閲覧していたのだとか。しかもその中には最長で1日4時間以上も閲覧していたという人も少なからず存在していたのです。アプリも同じく、約4割の回答者が業務と関係のないものをインストールしたことがあると答えたのです。この他にもフェイスブックなどのSNSの書き込みを個人アカウントで行ったことがあるという回答者も約2割もいました。このような事態は、機動性を高めるどころが生産性も下がってしまいますよね。モバイルデバイス管理は、企業にとって必要不可欠であると同時に、早急に見直すべき課題なのだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>