『SmartBiz+』を導入している五洋建設

総合建設業を営んでいる五洋建設では、CTCの企業向けオンラインストレージ『SmartBiz+』を採用しているそう。五洋建設といえば日本海軍の港湾土木工事や埋め立て・港湾浚渫を行なってきた歴史からかマリンコンストラクターというイメージが強いですよね。しかし現在では、建築・土木・国際の3部門があり、収益としてはバランスの取れている総合建設業になっているのだとか。そんな同社がオンラインストレージを導入した理由とは何だったのでしょうか。始めはペーパーレス会議システムを探していたそうですが、同社ではその場にいない人でも電子会議によって参加できたり資料を電子データ化して共有したいだけだったことから、スマートデバイス対応のファイル共有ができるオンラインストレージに決定したのだそう。SmartBiz+に決めた理由は、コスト面が決め手になったそうです。おかげで月50万もの印刷コスト削減が実現しました。1年間でなんと約600万円になるコスト削減…すごいですね。また資料を電子データ化されたことで資料作りの作業時間が激減し、無駄な残業も減りました。従業員のストレスも減って、まさに一石二鳥というわけですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>