ソフトバンクがスプリントを買収、日本にとってのメリットは?

ソフトバンクは、10月15日にアメリカ携帯電話業界3位のスプリント・ネクステルを約1兆5千億円で買収すると発表した。ソフトバンクモバイルに、傘下の PHS 事業者「ウィルコム」、10月1日に子会社化を発表したばかりの「イー・アクセス」、そして今回買収したスプリント・ネクステルを合わせると、連結売上高で世界3位となる巨大通信グループが誕生する、とのこと。アメリカの携帯電話会社を買収したところで、日本のわたしたちには今ひとつメリットが感じられませんね。むしろ、買収にかかったお金の分のしわ寄せが来るんじゃないかという不安もあります。しかし、これが成功してくれれば、日本でもより充実したサービスが開始されるのではないでしょうか。アメリカでのケータイ利用が便利になるという利点もありそう。今後が気になるニュースです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>