スマートフォン時代の各キャリア新機種動向

国内でのスマホ端末電波状況で調査によると、利用時の通信速度ではauが最速でドコモがこれに続くという結果でした。2011年は、市場普及元年を言われ大手キャリア各社は投入する新モデルの半分がスマートフォンになり進化の年となりました。
使い勝手を併せ持った携帯端末によるトラブルもあり、GPS機能による位置情報が見えてしまいトラブルへ繋がるケースもあります。
デザインを人々はより求めはじめ、より感度の良いタッチスクリーンを備えクールで美しい端末に進化していくでしょう。

日本で国内キャリア各社からリリースされるiPhoneでは、各社の通信方式の違いにより機能面での差があり全てが同じ機能を持ち合わせていなようです。日本のアンドロイド端末利用者のアプリのインストールでは調査対象国30カ国最多という結果だそうです。
地域別に世界市場を分析してみるとアジアを中心に中国やインド、中東の一部も加わり人口1億人以上の新興国で急激に発展しています。2010年頃より3G通信の導入する国も増加し、途上国においても3Gを導入する市場が増加したことで世界的に環境設備が進んだと考えられています。

2010年から既に各国でセキュリティーへ影響が出始めており、益々犯罪となって被害を及ぼす可能性が高まっています。日本国内でも高いシェアを占めるようになり、使い勝手を重視した機能を持ち合わせる端末は現代人にとっての必須のアイテムとなりました。                                                                    

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>