CRMデータなどを取り込んで自動的に学習

Posted in 未分類 on 9月 10th, 2016 by admin

アルベルトという会社が、今月の19日に「CRMデータなどを取り込んで自動的に学習」するツールをリリースすると発表したそうです。このツールの名称はrAprog(ラプログ)。

専門的なことは全くわからないのですが、ユーザーがさまざまなチャネル、例えばパソコンやスマホからの商品の購入、実店舗での購入、アンケート調査への協力などからそのユーザーの嗜好、ステイタスなどをスコアリング、個々のユーザーに合ったマーケティングシナリオを自動で実行するんだそうです。すごいですね。。

顧客情報分析を自動で行うことまではこれまでのツールにも実装されていましたが、このツールはその上を行くものなんですね。

利用する企業は、画面が直感的であるため手軽にこのツールを利用できるそうです。これもまた大事ですよね。先端を行くツールだからといって一部のITに強い人しか使えないものでは困ります。誰もが使えるからこそ、このツールを活かして自社の営業支援へと導かれるのだと思います。

Sales Force Automation (SFA)とは

SFAを利用するメリットとは

Posted in 未分類 on 9月 9th, 2016 by admin

会社の利益をあげるために営業支援システムが導入されていますが、実際にはどのようなメリットがあると思いますか?あるサイトの記事には4つのメリットが掲げられていました。

まず1つは営業で得た情報資産を会社全体で有効に使うことができるようになるとのこと。これまで個別に営業マンがもっていた情報を会社が管理することで、情報の共有ができるようになるんですね。

2つめは最適な営業の段階を踏むことができるようになること。無駄がなくなり営業マンに不要な負担をかけず、さらに見える化が実現できます。

3つ目は「グラフや表組みなど視認性の高いデータ」を得られるため、ここぞ!という商機を得られるとのことです。

そして4つ目は「個人と組織の営業力強化」とのこと。営業活動が見える化されることで上司は営業状況をリアルタイムに確認でき、その場で的確な指示を出せるようになります。これによって、個人と組織との連携がうまくいき、営業力の強化にむすびつくんですね。

営業って奥が深いんですね

Posted in 未分類 on 9月 4th, 2016 by admin

ソフトブレーンのeセールスマネージャーのサイトを読んでいたら、興味深いものがありました。それは、顧客情報分析の方法。「代表的な顧客分析」というページがあったんですが、顧客情報の分析にはいくつかの方法があるんだそうです。ここでは代表的なものだけが紹介されていました。

RFM分析、デシル分析、顧客離反率分析の3つです。3つ目の顧客離反率分析が一番わかりやすそうだったのですが、「昨年は購入したが今年は購入していない顧客の傾向を分析する手法」とのこと。

素人の私としては、たまたま去年はそのショップを利用したけど今年は別のショップに行ったから、とか、単に好きな商品がなかった、とかそんな理由なのだから、分析したって仕方無いんじゃない?と思ってしまいました。しかし、多くの新規顧客を呼び込めてもこの離反率が高ければ意味がないこと。離反の理由をわかることが大事なんだそうです。

一度手に入れた顧客情報ですからね。確かにそれを使わない手はないわけで。。営業って奥が深いんですね^^

CRMをやめて売上アップ!

Posted in 未分類 on 8月 4th, 2016 by admin

「使い熟せないCRMをやめて売上アップ!名刺データベース×CRMですぐに営業を強くする」というSansan。最近また新しいコマーシャルのバージョンが出ていますよね。この会社のホームページを見ていたんですが、その仕組みを知るとか事例集とかがあったんでそこをクリックしてみると・・、すべてに入力フォームが出てくるんですよね~。名前、会社名、メアド、業種、社員数などなど。やっぱり名刺管理のサービスを提供する会社。まずはココからなんでしょうね^^

もちろん、ここの入力せずとも名刺の管理の仕方でどれだけ会社の資産を増やすことができるのか説明がされています。そして、Sansanのすごいところ、選ばれているワケも紹介されていました。

また、CRMを導入してもなかなか成果が見えてこない会社においては、Sansanに切り替え名刺管理を軸にしたシステムにすることで、CRMの定着率も高くなっているとのことです。なるほど。名刺管理は日本では根付いた文化でもありますから、これを中心にしたシステムであれば年齢が高い社員であってもとっつきやすいですよね。

入力フォームに記入してみますか?^^

加入が選択制に

Posted in 未分類 on 7月 20th, 2016 by admin

スマホを新しい機種に変更する際、こういうサービスと言うか縛りというか・・ありますよね。機種代や毎月の通信料金を安くするキャンペーンに申し込むと、ある余計なサービスに自動的に加入。最初の1ヶ月あるいは2ヶ月はそのサービスの料金はかからないけど、その期間を過ぎるとサービスの料金がかかってくるというもの。全くそのサービスを利用することは無いんですが、料金は月に300~500円ほどで、解約をしなければ永久にその料金を支払ってしまうと。。この300~500円というのがミソなんですよね。解約をすること自体忘れてしまったり、解約の仕方がわからなかったりするわけで。まぁ、これくらいのお金だったらいいか!と思わせる。。まんまとキャリアの思うツボにハマってしまうんですよね。

しかしプラスワン・マーケティングは違っていました。まだ発表の段階で、最初は自動的にコースに加入することになっていたシステムが変更されて、サービスへの加入が選択制となったそうなんです。そのキャンペーンとは「最大3年間0円キャンペーン」と言うもので、7月から8月末日までに新しくプラスワン・マーケティングで契約すると、毎月299円が割引されるとのこと。そしてさらに特典として、「music.jp」に自動加入となっていたそうなんです。これが、最初の2ヶ月間が無料だと。あ・・、music.jpだったらもしかしたら嬉しい特典かも^^音楽を聴いてる人は多いですから、もともとmusic.jpを使っている人も多いかもしれません。。それでも選択制にしたプラスワン・マーケティングはエライな~と思いますね^^

ちなみにこのサービス、法人向けのスマートフォンとして購入した場合も使えるんですかね^^ちょっと気になりました。

『JIRA』を短期間で業務適用できる営業テンプレート提供開始

Posted in 未分類 on 7月 10th, 2016 by admin

Atlassian社のプロジェクト管理ツール『JIRA』を導入したものの、業務プロセス設計や実装などに時間がかかってしまう場合があるそう。そんな課題を解決すべく、リックソフト株式会社は『JIRA』を短期間で業務適用できる『すぐに使えるテンプレート』の“営業プロセス”版を提供スタートさせました。テンプレートは、そのまま利用できるのはもちろん、カスタマイズして機能を追加することもできるそうです。今回公開された“営業プロセス”は、営業スタッフが営業活動情報を登録したり、ウェブサイト内の問い合わせ画面/メール/CSVファイルからリード情報の登録ができるそう。また入力画面では入力作業を軽減できるように、必要最低限の項目が基本項目だけになっています。もちろん項目のカスタマイズも可能。このほか、かんばん方式によるタスク管理機能や数値管理が可能なダッシュボードも備わっているそうですよ。本当に営業プロセスですぐに使えそうな機能ばかりですね。なお今回公開されたのは“営業プロセス”版ですが、今後も“障害管理” “ヘルプデスク”など他の業務プロセス向けも公開する予定となっています。『JIRA』がより使いやすくなりますね!営業管理

感情認識ロボットを活用したマーケティング支援で協業

Posted in 未分類 on 6月 23rd, 2016 by admin

感情認識ロボットと聞くとすぐに思い浮かべるのはソフトバンクのPepperですよね。でも、今日の話題に上っているのはPepperではありません。タピアというロボットです。このタピアはDMM.comとPwCコンサルティング、MJIという3つの会社が協業して手掛けているロボット。

実際にはこのタピアは「Salesforceと連携し、ホテルや公共施設、観光、金融といった分野の店頭やカウンター業務支援活用」というものが見込まれているんですって。

この3社のうちの1つ、MJIという会社はロボット開発を行う会社だそうで、ここで開発されたロボットがタピアなんだそうです。人の感情を捉えることができ、また日本語でも外国語でもコミュニケーションが可能とのこと。

さらには受付業務もでき、訪問客を特定したり認証することもでき、顧客情報の蓄積、顧客への説明などの機能を付加できるらしいです。

他の2社ではすでに名刺管理やMicrosoftのCRM、Office 365などのシステムとロボットの連携も始めているため、今後はこのタピアとの連携も行っていくそうです。

利益を生み出す体質に変わろう

Posted in 未分類 on 6月 19th, 2016 by admin

不安定な世界情勢やマイナス金利など国内外ではさまざまなことが起こっていますが、今はまだまだ不況だと感じている企業も多いでしょう。SFAなどのツールを利用しているのに思うように商品が売れない企業や、商品は売れているのになぜか月次が締まると赤字になってしまう企業、営業戦略の変革を余儀なくされている企業など…そういった企業は売上アップにばかりに目が行きがちですが、本当は利益を残すことで企業の活力源を残すことの方が大切なのではないでしょうか。そこで今回は、利益を生み出す体質についての話をしようと思います。まず自社の体質はどのタイプなのか考えてみましょう。市場において最高品質の商品を提供している『至上品質販売体質』なのか?とにかく業界最安値を追求する『安売り販売体質』なのか?お客様が納得いく商品価値に合った設定価格で販売する『ファン獲得販売体質』なのか?利益を生み出す体質を目指すなら、このファン獲得販売体質へ切り替えることが最も現実的だと言えるでしょう。企業コンセプトや理念に沿った商品を提供することになるため、他社の商品価格を参考にしなくても適切な価格設定を行うことができるというわけです。もちろん営業だけでなく、マーケティングとも話し合った上での戦略が必要ですよ。すぐに体質を変えることは難しいと思いますが、利益を生み出す体質の企業は、今後末永く生き残っていくのではないでしょうか。営業支援システム SFA

サイバー攻撃に関する誤解や思い込み

Posted in 未分類 on 6月 13th, 2016 by admin

インターネットやスマートフォンなどの普及によって企業は日々サイバー攻撃に狙われるようになりました。標的型攻撃やランサムウェア、マイナンバー詐欺などの被害は連日のように発生しているそう。サイバー攻撃による情報漏洩は企業にとって信用損失や金銭的損失に直結しており、経営危機に陥ることだってあるのです。報道や世間の見方だと、サイバー攻撃が悪いというより情報を盗まれた企業が悪いという感じですもんね。しかしながら、特に中小企業はセキュリティ対策について誤解していることが多いと聞きます。例えば地方の小さい会社がサイバー攻撃で狙われるわけがないと思い込んでいたり…ウイルス対策ソフトを入れているから大丈夫という誤解をしていたりします。もちろんこういった考えを少しでも持っているとしたら今すぐ捨てて下さいね。サイバー攻撃が狙ってくる所在地はどこでも関係ない上に、従来のウイルス対策ソフトがスパイウェアなどの攻撃を検知できるのは全体の45パーセントだけなんですよ。まずは経営者やIT管理者、従業員が一人一人、サイバー攻撃の対策に対する知識を持つこと。仕事にパソコンやスマートフォンを使っているのは自分なのだと自覚し、IT管理者に一任しないことな大切なんですね。ベンダー主催の無料勉強会に参加するなど現実的なセキュリティ対策を模索する努力が必要なのだと思います。

シャドーITをなくしたい! IT部門の変化について

Posted in 未分類 on 6月 6th, 2016 by admin

私物のスマートフォンやタブレット端末を勝手に業務に使ったり、企業が許可していないWebアプリケーションやクラウドサービスを利用する所謂“シャドーIT”が急速に広まっています。こうした行為は情報漏洩やコンプライアンス違反を引き起こす原因になることから、避難されるケースが多い。だからこそ企業のIT部門も躍起になって“シャドーIT潰し”をしなければなりませんよね。が、それは表面上だけか一時的なものに留まってしまい、時間が経てばすぐまた同じ状況に陥るのは目に見えています。この現状を受け、最近のIT部門も変化が現れ始めているのだとか。超高速開発ツールを導入し、業務アプリケーションの設計・構築・メンテナンスの一部を企業自ら構築&運用する企業が増えているのです。こうした動きは、IT部門による試行錯誤の表れともいえる現象だと思います。ある調査によると国内企業のおよそ4割が「業務アプリケーションの構築に向けて具体的な行動(開発ツール導入など)を起こしたい」と思っていると答えています。今後こうした動きは、もっと多くなると予想されます。シャドーITよりも良い業務アプリケーションがあれば、当然そちらを使いますもんね。ビジネスに貢献できるITを実現させるためにIT部門も頑張っているということでしょう。