android端末管理のフィルタリング機能

Posted in 未分類 on 2月 8th, 2019 by admin

iPhoneやandroidなどのスマーフォンを業務で利用する機会は増えており、多くの企業ではandroidやiOSなどのモバイルデバイス端末を導入しています。企業や組織でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、androidやiOSの端末管理が問題となります。その際に利用するツールと言えば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理ツール=mdmです。
mdmには色々な管理機能がありますが、その中の1つがフィルタリング機能の管理です。androidやiPhoneなどのスマートフォンからインターネット接続する際には、不正サイトへのアクセス誘導を防止するためにWebフィルタリング機能が要求されます。Webフィルタリング機能には接続先Webサイトの安全性を判定し、安全でない場合には通知がされたり、遮断されたりします。業務を阻害するスパムメールなどの対策にも有効です。

byodの課題とメリット

Posted in 未分類 on 1月 26th, 2019 by admin

byodは個人が所有するパソコン、スマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用することです。byodはメリットはもちろんたくさんありますが、課題点、デメリットもあることも承知しておくことが重要です。
メリット面としては、コスト削減があります。パソコンを会社支給した場合、新しく社員が増えるたびに新しいパソコンを購入しなければなりません。どんどん社員が増えている段階の成長期の企業にとっては、パソコンやスマートフォンなどのモバイルデバイス端末購入費用の負担は非常に大きくなってしまいます。
しかしbyodを導入していれば、初期導入時にモバイルデバイス端末を購入する必要がありません。これは大きなコスト削減につながるでしょう。
またbyodを導入することで、在宅勤務、サテライトオフィス勤務など様々な働き方に柔軟に対応できます。特に在宅勤務の場合はbyodが前庭であれば容易に可能になります。

VPPによるアプリケーションの配信、管理とは?

Posted in 未分類 on 1月 16th, 2019 by admin

VPPはApple社が提供する法人、教育機関向けのアプリケーションの一括購入とmdmを通じてのアプリケーションの一括配信できるプログラムソリューションになります。
VPPを利用してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理することで、アプリケーションの一括配布、一括管理が簡単に行えるようになるのです。
法人、教育機関向けに用意されているVPP Store上でApp Storeアプリケーションを一括で購入し、そのアプリケーションの購入履歴を連携して、指定したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末にアプリケーションを一括配信していきます。
無料のアプリケーションの場合でもVPP Store上では購入と表示されます。各スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末でApp Storeのを禁止設定していた場合でもVPPでのアプリケーションの配信、設定は可能になっています。

導入事例が増えているmdmの基本的機能

Posted in 未分類 on 12月 14th, 2018 by admin

スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど、ひと昔前とは異なり、現在では様々なモバイルデバイス端末が登場しています。これらのモバイルデバイス端末はプライベートで使用するのはもちろんですが、業務で利用することも多く、従業員に1台ずつスマートフォンやタブレット端末を支給する企業も増えています。
企業でモバイルデバイス端末を配布、導入することで業務効率は以前に比べて格段にアップしています。このモバイルデバイス端末の導入に伴い、それらのデバイス端末を一括管理するための管理ツールとしてmdmがあります。このmdm導入事例も増えてきています。
もはや現在ではモバイルデバイス端末を導入するタイミングで、mdmも導入しておくという企業が多いでしょう。
mdmの機能は、製品によって若干はは違いがあるものの、基本的機能は似ています。基本的機能の1つに、「遠隔での設定」機能があります。これはパスワード強制化、デバイス端末に内臓されたカメラやアプリケーションなどを利用できないようにするなどの、セキュリティポリシーの設定、モバイルデバイス端末利用時に必要となるメールの設定などを行います。

個人市場、企業市場に普及が進むモバイルデバイスの導入

Posted in 未分類 on 12月 6th, 2018 by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で利用する場合、大量のモバイルデバイス端末を管理しなければなりません。ただ管理者が主体となって大量のモバイルデバイス端末を管理していくのは非常に大変です。
そこでmdmと呼ばれるモバイルデバイス端末管理のソリューションを導入することで、企業や組織で導入した大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に効率よく一元管理することができるのです。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は従来のノートパソコンに比べても持ち歩きが便利であり、多くのベンダーやキャリアから多種多様の製品が提供されています。
個人市場や企業市場にも普及しており、企業活動で使用されるスマートフォンやタブレットのセキュリティ管理はmdm導入によってその課題が解消されます。mdmを導入すればセキュリティ対策の強化はもちろんのこと、アプリケーションの配布や設定、管理だけではなく、資産管理にもつながります。

mdmによるセキュリティリスク対策

Posted in 未分類 on 12月 4th, 2018 by admin

業務利用するiOSやandroid、Windowsなどのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するシステムのことをmdm、モバイル端末管理と言います。iOSやandroidなどのモバイルデバイス端末は高性能で利便性があるため、多くの企業や組織での業務活用が進められています。たくさんのメリットがあるモバイルデバイス端末ですが、業務用で利用するモバイルデバイス端末には企業情報や顧客
情報などの個人情報が入っている端末を盗難、紛失、漏えいした場合には、取引先に対して信用の失墜の可能性があります。また自社のブランドイメージも落ちてしまうでしょう。
このようにモバイルデバイス端末の紛失・盗難リスクは、様々な経済的損失を生む可能性があるのです。
そのようなセキュリティリスクに備えることができるツールこそがmdmなのです。mdmの重要性は近年浸透しており、多くの企業ではmdmを導入しています。

byodの導入事例から分かるbyodのよいところ

Posted in 未分類 on 11月 24th, 2018 by admin

byodという言葉を聞いたことがある人も増えてきているのではないでしょうか?今やbyodを導入する事例は日を追うごとに増えてきています。
急速に拡大するbyod市場ですが、2016年には2011年度の6倍以上の導入が行われています。今後さらにbyodは急速に拡大していくことが予想されます。
byodは適切に実現することが出来れば、会社支給のモバイルデバイス端末と比べても非常にメリットが大きいです。
まず1つのメリットとしては、モバイルデバイス端末自体のコスト、通信コストを削減できるということです。
そして2つ目のメリットとして、従業員の業務効率がアップするというのもbyod導入のメリットとなるでしょう。
自主的な導入事例が多いbyodでは従業員の満足度が高くなる導入事例と言えます。経営者の注目を集めるbyodは今後さらにその市場は拡大していくものと考えられます。その結果、byodに適用できるmdm市場も拡大するでしょう。

モバイルデバイス管理ツールのmdmとは?

Posted in 未分類 on 11月 14th, 2018 by admin

mdmとはmobile device managementの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するためのツールになります。
mdmの中にはiOSやandroid、Windowsなどマルチデバイスに対応しているものもあるので、機種が違った場合でも問題なく管理が可能になります。
mdmにはクラウド型とオンプレミス型があります。クラウド型は企業や組織の社外で提供されるインターネットを介したシステム形態になります。一方オンプレミス型は企業や組織の社内にネットワーク機器やサーバなどを拘置う区して提供されるシステム携帯になります。
便利性でいうとクラウド型の方が、管理するための初期導入費用もお得、コストパフォーマンスがよいでしょう。mdmツールを導入する場合には、mdmの利用料にも注目をする必要があります。
企業で大量のモバイルデバイス端末を導入する場合には、mdmの利用料を少しでも抑えることで会社として利益につながるでしょう。

モバイル端末管理ツールでできること

Posted in 未分類 on 11月 4th, 2018 by admin

企業が業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、従業員に配布したスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末がきちんと利用されているのか?会社が認めた運用ポリシーが守られているのか?など全てのモバイルデバイス端末の管理を徹底して行う必要があります。きちんとしたモバイル端末管理が行えないとせっかくモバイルデバイス端末を業務で利用したとしても効率よく利用することは難しいでしょう。
そこでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するツールとしてmdmが用いられます。mdmは多くのメーカーからmdm製品が登場しています。
mdmの機能はそれぞれの製品によって違いがあるので、その企業がmdmに何を求めているのか?によって選ぶmdmも異なります。
mdmの基本的な機能としてセキュリティ対策があります。遠隔操作によるリモートロックやリモートワイプ、資産管理などがあります。また初期設定時には一括した設定を行うこともできますし、アプリケーション配布時にはアプリケーションの配布や管理、使用状況のチェックなどを行うことも可能です。

リモートワイプで必ずセキュリティ対策ができるわけではない

Posted in 未分類 on 10月 4th, 2018 by admin

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理する際に必要となってくるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末の管理ソリューションであり、大量のモバイルデバイス端末を導入、管理する上では必要不可欠なツールとなるでしょう。
mdmには様々な機能がありますが、その中でも基本的な機能の1つがリモートワイプです。
リモートワイプはモバイルデバイス端末のセキュリティ強化には欠かせない管理機能になります。リモートワイプは遠隔操作でモバイルデバイス端末内の情報を初期化することができます。
このリモートワイプによってモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時も、情報漏えいのリスクを未然に防ぐことができるのです。
しかし実際にはリモートワイプの成功率は、7%程度であるというデータもあるのです。
それほどリモートワイプには様々な問題点があり、リモートワイプがあるから絶対にセキュリティは大丈夫と安心してはいけないのです。