客のためにもなっています

Posted in 未分類 on 11月 15th, 2016 by admin

営業支援システムのSFAを活用することは、営業活動を透明化したり商談を効率的に進めるなど、会社の利益が上がるための導入、というイメージが強いのですが、実はお客様のためにもなっていることがあるんです。

それは、客が言葉では発していないけれど潜在的に欲しいと思っているニーズを引き出せること。多くの営業情報や毎日入力する営業日報。入力するだけでも大変な労力ですが、これらを透明化して営業部、あるいは社内全体で共有することで、潜在的ニーズの掘り起こしも可能と言われているんです。客は商談の際に、その製品やサービスについてのニーズは語るでしょう。しかし、他に必要なものを営業担当者に語ることは少ないし、具体的にどのようなものが欲しいのかもハッキリしていないことも。

これらを情報として蓄積しておくことで、数週間後、数か月後に新製品の開発を行う時などに役立てられることも多くあるんですね。結果的にそれは客の欲する製品、あるいはサービスへとなるわけです。

営業支援システム SFA

できるビジネスマンがスマホに入れているアプリ

Posted in 未分類 on 11月 6th, 2016 by admin

できるビジネスマンがスマホに入れているアプリってどんなものがあるのでしょうか。iPhone版だけですが、調べてみました。まずはグループ分けがとても簡単にできる『連絡先+』(100円)。ドラッグ&ドロップの直感的な操作だけでグループ分けができるそうです。また自分で設定したグループメンバーへ一斉送信ができるという便利機能もあり。とりかく使いやすいことがウリだそうです。画像に直接、文字やイラストを書き込める『Skitch』(無料)というアプリもビジネスマンに人気だそう。視覚的に相手へ情報を伝えることが可能なので、言葉で上手く説明できない時などに使えますね。Evernoteとの連携も可能です。散在するパスワードを一括管理できる『Passwords Lite』も良さそうですよ。今はパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどの多種多様なデバイスがあり、いちいちパスワードを覚えてられませんよね。エクセルで管理している方もいますが、情報漏洩の観点から見るとそれはオススメではありません。これなら簡単&シンプルにアカウントとパスワードを管理できてしまいます。移動時間や待ち時間にこのようなアプリを活用して、積極的に仕事をこなしていきたいものですね。

効果やメリットを提供することができるのか

Posted in 未分類 on 11月 3rd, 2016 by admin

営業先の企業にどのような効果やメリットを提供できるのか、多くの営業マンはこれを把握する必要があります。営業マンは商談のために取引先の社員と話しをしますよねが、その際に営業マンは自社の製品の提案、見積もり、商談の完結、というようにきちんとした営業プロセスを踏むことになります。

自社の製品やサービスがどれだけ優れているのか。また価格はどれくらいなのか。そして是非ご検討を!と言って終わるわけです。

このようなプロセスはマニュアル化されているとことも多く、営業マンはこれを当たり前として商談に入りますが、ここに欠けているのがタイトルに挙げたことなんですね。

同じ業種、サービスを行う会社から、取引先は一番効果が上がり、メリットがある会社を選ぶはずです。ということは、取引先でどのような課題があり、それをどのようにしたら解決できるのか、利益が上がるのか、これらを営業マンは読み、営業に活かすことが重要なんですね。プロセスを踏む行為だけでは、取引先は自社を選んでくれないということです。

営業支援システム SFA

ビジネスに最適な新型iPhone

Posted in 未分類 on 10月 22nd, 2016 by admin

9/16に発売されたiPhone 7とiPhone 7 Plusは、通信速度の高速化や耐久性の向上など様々な機能が強化され、ビジネスで使うのにぴったりな端末となっています。iPhone 7/7 Plus共にでストレージ容量が2倍(32GB・128GB・256GB)になったことも大きなポイントだと思います。端末により多くのデータ・全てのファイルを保存できるようになれば、従業員は自分のデータにアクセスしやすくなります。が、業務データが増えれば、データ保護の必要性が益々高まりますけどね。それでも全体として見ればメリットの方が大きいでしょう。また防水・防塵仕様となった点も現場のビジネスユーザーには朗報だと思います。これまでのiPhoneは、突然の雨などに気を付けなければなりませんでしたが、防水・防塵仕様ならば安心ですね。他にも通信機能が下り最大450Mbpsの『LTE Advanced』に対応したことや、プロセッサが従来のものと比べて40%も高速な処理速度を誇る「A10 Fusion」チップを搭載しているといった点も良いですよね。より高性能になったiPhoneは、企業ユーザーの興味をそそるに値する端末となっているようです。

日本経済社のCRMスターター

Posted in 未分類 on 10月 16th, 2016 by admin

7月の末ごろから販売がスタートされた日本経済社のCRMスターター。?日本経済社?日本経済新聞社とは違うんでしょうか??

調べてみると、日本経済社は日本経済新聞社の系列企業で広告代理店なんだそう。ここから「Google Analyticsによるサイトアクセスデータを活用したCRM傾向分析パッケージ」としてCRMスターターが発売されていました。

実際にどのようなツールになるかと言うと、ホームページを訪問した客から優良顧客を見つけ出せる、顧客の行動を分析してそれぞれに合ったマーケティングの施策を提示してくれる、というものだそう。

これだけでも優れた営業マンの代わりをやってくれそうですが、人を雇うわけではなくてそれをツールが一日中黙々とやってくれるわけですから^^人件費、広告費などが激減しますよね。

また、このようなツールって高額なものが多かったのですが、簡単に自社のホームページでCRMを始められるので、コスト、セキュリティの不安なども解消されるとのことです。

営業支援システム SFA

CRMデータなどを取り込んで自動的に学習

Posted in 未分類 on 9月 10th, 2016 by admin

アルベルトという会社が、今月の19日に「CRMデータなどを取り込んで自動的に学習」するツールをリリースすると発表したそうです。このツールの名称はrAprog(ラプログ)。

専門的なことは全くわからないのですが、ユーザーがさまざまなチャネル、例えばパソコンやスマホからの商品の購入、実店舗での購入、アンケート調査への協力などからそのユーザーの嗜好、ステイタスなどをスコアリング、個々のユーザーに合ったマーケティングシナリオを自動で実行するんだそうです。すごいですね。。

顧客情報分析を自動で行うことまではこれまでのツールにも実装されていましたが、このツールはその上を行くものなんですね。

利用する企業は、画面が直感的であるため手軽にこのツールを利用できるそうです。これもまた大事ですよね。先端を行くツールだからといって一部のITに強い人しか使えないものでは困ります。誰もが使えるからこそ、このツールを活かして自社の営業支援へと導かれるのだと思います。

Sales Force Automation (SFA)とは

SFAを利用するメリットとは

Posted in 未分類 on 9月 9th, 2016 by admin

会社の利益をあげるために営業支援システムが導入されていますが、実際にはどのようなメリットがあると思いますか?あるサイトの記事には4つのメリットが掲げられていました。

まず1つは営業で得た情報資産を会社全体で有効に使うことができるようになるとのこと。これまで個別に営業マンがもっていた情報を会社が管理することで、情報の共有ができるようになるんですね。

2つめは最適な営業の段階を踏むことができるようになること。無駄がなくなり営業マンに不要な負担をかけず、さらに見える化が実現できます。

3つ目は「グラフや表組みなど視認性の高いデータ」を得られるため、ここぞ!という商機を得られるとのことです。

そして4つ目は「個人と組織の営業力強化」とのこと。営業活動が見える化されることで上司は営業状況をリアルタイムに確認でき、その場で的確な指示を出せるようになります。これによって、個人と組織との連携がうまくいき、営業力の強化にむすびつくんですね。

営業って奥が深いんですね

Posted in 未分類 on 9月 4th, 2016 by admin

ソフトブレーンのeセールスマネージャーのサイトを読んでいたら、興味深いものがありました。それは、顧客情報分析の方法。「代表的な顧客分析」というページがあったんですが、顧客情報の分析にはいくつかの方法があるんだそうです。ここでは代表的なものだけが紹介されていました。

RFM分析、デシル分析、顧客離反率分析の3つです。3つ目の顧客離反率分析が一番わかりやすそうだったのですが、「昨年は購入したが今年は購入していない顧客の傾向を分析する手法」とのこと。

素人の私としては、たまたま去年はそのショップを利用したけど今年は別のショップに行ったから、とか、単に好きな商品がなかった、とかそんな理由なのだから、分析したって仕方無いんじゃない?と思ってしまいました。しかし、多くの新規顧客を呼び込めてもこの離反率が高ければ意味がないこと。離反の理由をわかることが大事なんだそうです。

一度手に入れた顧客情報ですからね。確かにそれを使わない手はないわけで。。営業って奥が深いんですね^^

CRMをやめて売上アップ!

Posted in 未分類 on 8月 4th, 2016 by admin

「使い熟せないCRMをやめて売上アップ!名刺データベース×CRMですぐに営業を強くする」というSansan。最近また新しいコマーシャルのバージョンが出ていますよね。この会社のホームページを見ていたんですが、その仕組みを知るとか事例集とかがあったんでそこをクリックしてみると・・、すべてに入力フォームが出てくるんですよね~。名前、会社名、メアド、業種、社員数などなど。やっぱり名刺管理のサービスを提供する会社。まずはココからなんでしょうね^^

もちろん、ここの入力せずとも名刺の管理の仕方でどれだけ会社の資産を増やすことができるのか説明がされています。そして、Sansanのすごいところ、選ばれているワケも紹介されていました。

また、CRMを導入してもなかなか成果が見えてこない会社においては、Sansanに切り替え名刺管理を軸にしたシステムにすることで、CRMの定着率も高くなっているとのことです。なるほど。名刺管理は日本では根付いた文化でもありますから、これを中心にしたシステムであれば年齢が高い社員であってもとっつきやすいですよね。

入力フォームに記入してみますか?^^

加入が選択制に

Posted in 未分類 on 7月 20th, 2016 by admin

スマホを新しい機種に変更する際、こういうサービスと言うか縛りというか・・ありますよね。機種代や毎月の通信料金を安くするキャンペーンに申し込むと、ある余計なサービスに自動的に加入。最初の1ヶ月あるいは2ヶ月はそのサービスの料金はかからないけど、その期間を過ぎるとサービスの料金がかかってくるというもの。全くそのサービスを利用することは無いんですが、料金は月に300~500円ほどで、解約をしなければ永久にその料金を支払ってしまうと。。この300~500円というのがミソなんですよね。解約をすること自体忘れてしまったり、解約の仕方がわからなかったりするわけで。まぁ、これくらいのお金だったらいいか!と思わせる。。まんまとキャリアの思うツボにハマってしまうんですよね。

しかしプラスワン・マーケティングは違っていました。まだ発表の段階で、最初は自動的にコースに加入することになっていたシステムが変更されて、サービスへの加入が選択制となったそうなんです。そのキャンペーンとは「最大3年間0円キャンペーン」と言うもので、7月から8月末日までに新しくプラスワン・マーケティングで契約すると、毎月299円が割引されるとのこと。そしてさらに特典として、「music.jp」に自動加入となっていたそうなんです。これが、最初の2ヶ月間が無料だと。あ・・、music.jpだったらもしかしたら嬉しい特典かも^^音楽を聴いてる人は多いですから、もともとmusic.jpを使っている人も多いかもしれません。。それでも選択制にしたプラスワン・マーケティングはエライな~と思いますね^^

ちなみにこのサービス、法人向けのスマートフォンとして購入した場合も使えるんですかね^^ちょっと気になりました。