感情認識ロボットを活用したマーケティング支援で協業

Posted in 未分類 on 6月 23rd, 2016 by admin

感情認識ロボットと聞くとすぐに思い浮かべるのはソフトバンクのPepperですよね。でも、今日の話題に上っているのはPepperではありません。タピアというロボットです。このタピアはDMM.comとPwCコンサルティング、MJIという3つの会社が協業して手掛けているロボット。

実際にはこのタピアは「Salesforceと連携し、ホテルや公共施設、観光、金融といった分野の店頭やカウンター業務支援活用」というものが見込まれているんですって。

この3社のうちの1つ、MJIという会社はロボット開発を行う会社だそうで、ここで開発されたロボットがタピアなんだそうです。人の感情を捉えることができ、また日本語でも外国語でもコミュニケーションが可能とのこと。

さらには受付業務もでき、訪問客を特定したり認証することもでき、顧客情報の蓄積、顧客への説明などの機能を付加できるらしいです。

他の2社ではすでに名刺管理やMicrosoftのCRM、Office 365などのシステムとロボットの連携も始めているため、今後はこのタピアとの連携も行っていくそうです。

利益を生み出す体質に変わろう

Posted in 未分類 on 6月 19th, 2016 by admin

不安定な世界情勢やマイナス金利など国内外ではさまざまなことが起こっていますが、今はまだまだ不況だと感じている企業も多いでしょう。SFAなどのツールを利用しているのに思うように商品が売れない企業や、商品は売れているのになぜか月次が締まると赤字になってしまう企業、営業戦略の変革を余儀なくされている企業など…そういった企業は売上アップにばかりに目が行きがちですが、本当は利益を残すことで企業の活力源を残すことの方が大切なのではないでしょうか。そこで今回は、利益を生み出す体質についての話をしようと思います。まず自社の体質はどのタイプなのか考えてみましょう。市場において最高品質の商品を提供している『至上品質販売体質』なのか?とにかく業界最安値を追求する『安売り販売体質』なのか?お客様が納得いく商品価値に合った設定価格で販売する『ファン獲得販売体質』なのか?利益を生み出す体質を目指すなら、このファン獲得販売体質へ切り替えることが最も現実的だと言えるでしょう。企業コンセプトや理念に沿った商品を提供することになるため、他社の商品価格を参考にしなくても適切な価格設定を行うことができるというわけです。もちろん営業だけでなく、マーケティングとも話し合った上での戦略が必要ですよ。すぐに体質を変えることは難しいと思いますが、利益を生み出す体質の企業は、今後末永く生き残っていくのではないでしょうか。営業支援システム SFA

サイバー攻撃に関する誤解や思い込み

Posted in 未分類 on 6月 13th, 2016 by admin

インターネットやスマートフォンなどの普及によって企業は日々サイバー攻撃に狙われるようになりました。標的型攻撃やランサムウェア、マイナンバー詐欺などの被害は連日のように発生しているそう。サイバー攻撃による情報漏洩は企業にとって信用損失や金銭的損失に直結しており、経営危機に陥ることだってあるのです。報道や世間の見方だと、サイバー攻撃が悪いというより情報を盗まれた企業が悪いという感じですもんね。しかしながら、特に中小企業はセキュリティ対策について誤解していることが多いと聞きます。例えば地方の小さい会社がサイバー攻撃で狙われるわけがないと思い込んでいたり…ウイルス対策ソフトを入れているから大丈夫という誤解をしていたりします。もちろんこういった考えを少しでも持っているとしたら今すぐ捨てて下さいね。サイバー攻撃が狙ってくる所在地はどこでも関係ない上に、従来のウイルス対策ソフトがスパイウェアなどの攻撃を検知できるのは全体の45パーセントだけなんですよ。まずは経営者やIT管理者、従業員が一人一人、サイバー攻撃の対策に対する知識を持つこと。仕事にパソコンやスマートフォンを使っているのは自分なのだと自覚し、IT管理者に一任しないことな大切なんですね。ベンダー主催の無料勉強会に参加するなど現実的なセキュリティ対策を模索する努力が必要なのだと思います。

シャドーITをなくしたい! IT部門の変化について

Posted in 未分類 on 6月 6th, 2016 by admin

私物のスマートフォンやタブレット端末を勝手に業務に使ったり、企業が許可していないWebアプリケーションやクラウドサービスを利用する所謂“シャドーIT”が急速に広まっています。こうした行為は情報漏洩やコンプライアンス違反を引き起こす原因になることから、避難されるケースが多い。だからこそ企業のIT部門も躍起になって“シャドーIT潰し”をしなければなりませんよね。が、それは表面上だけか一時的なものに留まってしまい、時間が経てばすぐまた同じ状況に陥るのは目に見えています。この現状を受け、最近のIT部門も変化が現れ始めているのだとか。超高速開発ツールを導入し、業務アプリケーションの設計・構築・メンテナンスの一部を企業自ら構築&運用する企業が増えているのです。こうした動きは、IT部門による試行錯誤の表れともいえる現象だと思います。ある調査によると国内企業のおよそ4割が「業務アプリケーションの構築に向けて具体的な行動(開発ツール導入など)を起こしたい」と思っていると答えています。今後こうした動きは、もっと多くなると予想されます。シャドーITよりも良い業務アプリケーションがあれば、当然そちらを使いますもんね。ビジネスに貢献できるITを実現させるためにIT部門も頑張っているということでしょう。

AndroidのBYOD用セキュリティ

Posted in 未分類 on 5月 30th, 2016 by admin

今や社員の70パーセントが、私物スマートフォンで会社データにアクセスしているという。BYOD(Bring Your Own Device)の時代が本格化してきているのですね。もちろんiPhoneやAndroidに関わらずです。以前よりAndroidのセキュリティ機能は、iOSのそれには敵わないと言われてきました。それ故、IT管理者はBYOD管理対策には悩まされていると思います。しかしAndroidに組み込まれたセキュリティ機能や、グーグルが提供する企業向けBYOD支援サービス『Android for Work』のデュアルペルソナ技術などを利用すれば、セキュリティを強化できるそう。Androidに組み込まれたセキュリティ機能とは、ファイルシステムパーミッションと暗号化のこと。これはスマートフォンがアクセスできる領域を制限したり、許可されたアプリしかアクセスできないようにしたりといった事が可能なのです。またデュアルペルソナ技術は、業務用データと個人データを切り離すことができます。BYODによってモバイルセキュリティ管理が複雑化している昨今、これら機能を上手く利用することでIT管理者の負担が少しでも軽くなると良いですね。

きっと法人でも

Posted in 未分類 on 5月 28th, 2016 by admin

TSUTAYAのTONEって、きっと法人向けのスマートフォンとしても役に立つんじゃないかな~って思うんですが、どうでしょう?!

まずこのTONEの良いところって、料金プランが一つしかないということ。キャリアでも格安スマホと言われるものでも、それぞれにややこしい料金プランがありますよね。でもTONEの場合にはこのような難しいプランがなく、シンプルに価格がわかります。

それに、TONEって初心者向けのスマホとしてもおすすめされていますが、法人でスマホを利用するときだって、実はスマホは初めてという人だっていると思うんです。そんな時、シンプルで使いやすいスマホであれば安心できますよね^^

また、アフターサポートをしてくれることも嬉しいですよね。ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアって、スタッフの人と実際に話をするまでに結構な時間が取られますが、まだTONEの利用者は少ないかと^^なので、今ならすぐにスタッフの人と話しができ、電話サポートの場合には時間をかけて遠隔操作サポートもしてもらえるかなと^^

コスパも良くてサポートも充実のTONE。今が買い時だと思いますよ^^

トラックドライバー向けに特化したアプリ

Posted in 未分類 on 5月 23rd, 2016 by admin

ナビタイムジャパンから新しいサービスが東京ビッグサイトで開催された「第7回 国際自動車通信技術展(ATTT)」で出展されたそうです。

このサービスは法人向けのスマートフォンで利用できる法人向けのサービス。ナビタイムのアプリなので交通に関したサービスであることは間違いないですよね^^これはトラックのドライバーに特化したもの。名称を「トラックカーナビ」と言うそうです。

さらにスマホ用アプリのテストを代行するという「アプリテスト走行ソリューション」というサービスも出展したそうです。

これまでナビタイムでは道案内などにおいて多くのノウハウを培ってきていますよね。これら「交通や移動に関するデータ分析事例」なども展示されたとのこと。

私思うんですが、長年同じ業務を続けたり、あるサービスを利用したりすることは、それらの使い方のノウハウの蓄積があることで、それをまた別の事業に活かすことができるってすごいなって。「お金にしてるだけじゃん!」と言われればそうなんですが^^

MWC会場での展示が注目されます

Posted in 未分類 on 5月 20th, 2016 by admin

HP(ヒューレット・パッカード)と言えばパソコン。hpのロゴがスタイリッシュで、私の好きなドラマでも今しょっちゅう登場しています^^そんなHPがスマホへの参入を発表したそうです。OSはWindows 10 Mobile。日本ではauが販売パートナーになるとか。

バルセロナで開催されるMobile World Congress 2016において展示されるそうですが、法人向けのスマートフォンとして設計されているため、防水・防塵、耐落下衝撃性など「MIL規格準拠テストへの対応、Gorilla Glass 4の採用などがある」そうです。また、虹彩認証にも対応だそうです。

4150mAhのバッテリー、WQHD解像度の5.96型有機ELディスプレー、4GBメモリー、64GBストレージ、など、大きめのスマホとのことですが、Windowsスマホの中でも最高クラスのスペックと評判も高いようです。

OS、本体、スペックすべてにおいてかなり法人向けを意識しているようで、MWC会場での展示が注目されますね。

要因は為替の変動?

Posted in 未分類 on 5月 16th, 2016 by admin

Appleの最高経営責任者であるティム・クック氏がアナリスト向けの決算報告会議で話したこと。それは、ここ最近ずっとネットで心配?されているAppleの業績。Appleの製品、iPhoneやiPadなどの売り上げが減少し続けていることについて、iPhoneの販売増加のペースが鈍ってきていることについて、クック氏はこれを為替相場の変動が大きな影響であると言っていたそうなんですね。

確かに最近はドルが高くなってきているため、アメリカ以外の国ではiPhoneなどのアメリカ製品が高くなっていることは事実ですよね。そのため、実際には過去最大となった四半期利益でも、このドル高の影響でAppleの業績が・・・という風に報道されているんだとか。

ただ、そう言ってもね~、と感じているのがアナリストや投資家たち。日本でもiPhoneは法人向けのスマートフォンとしての市場をキープしているようですが、この勢いがこのまま続くのか?という見方もありますからね。。次に発売されるiPhoneの売れ行きも気になってきますね~^^

iPhoneを導入している日本ビジネスシステムズ株式会社

Posted in 未分類 on 2月 4th, 2016 by admin

創業20年を超え東京に本社を置く日本ビジネスシステムズ株式会社は、企業に大規模な情報システムやITソリューションを提供する総合システムインテグレータです。同社では、2009年よりiPhoneを導入しているそう。iPhoneならエクセルやワードといったファイルを閲覧したり、さまざまな方法でスピーディにコミュニケーションが図れたり、場所を問わずネットや社内データにアクセスできたりしますから、機動性が抜群なのです。活用方法として例えば、FaceTimeを使ったトラブル解決方法があるそうですよ。顧客に何らかのトラブルがあった際、現場の営業マンがプロのエンジニアにFaceTimeで連絡を取ります。FaceTimeならトラブルの様子を映しながら話を進めることができるというわけですね。その他にも外回り中のスタッフのためにUstreamを使って会議を配信したり、会議内容を録音したりしているそう。こうして見てみると特別なアプリケーションを使わなくても、iPhoneならさまざまな活用方法がありますね。クリエィティブな発想次第…ということでしょう。iPhoneの活用はまだまだ広がっていきそうです。